こんばんは!一宮市の整体&もみほぐしリラクゼーションの絆リラクゼーションスタジオの柳鶴です!よろしくお願いいたします!

新型コロナへのビタミンCの有効性についての研究データが発表されました。
「新型肺炎とビタミンC」についてダミアン・ダウニング医師とガート・シュイットメーカー医師の研究によると

ビタミンCは免疫システムをサポートします。ビタミンCはウイルスを殺すのを助け、感染症状を減弱します。新型肺炎を治すわけではありません。ですが、ビタミンCは感染の重症度を下げる可能性はあります。もし、誰かに「そんな事実は証明されていないじゃないか」と言われた時は、次の2点を考えた上で判断してみてください。

1.COVID-19は新型ウイルスであるため不明な点が多く、まだ何も証明されていないこと。
2.ビタミンCは、インフルエンザ・肺炎・ポリオなどのウイルスに有効と示されていること。

以上2点を踏まえて、もし「何かを始めたい」と思ったなら、まずはビタミンCを飲むことを推奨します。

そして、もし「新型肺炎に感染したかもしれない」と思ったなら、3〜4時間毎に小さじ1杯のビタミンC(4〜5g)を水に溶かして飲むことを推奨します。ビタミンCを始めとする栄養素は、自分で摂取することが可能です。

感染症予防の上で鍵を握る、ビタミンC以外の栄養素の説明を過去に行われた研究データを交えながら解説しました。その中でも、特に重要な役割を担う栄養素をご紹介します。

ビタミンD

まず、ビタミンDについての解説から。

【ビタミンD3摂取目安量/日】

2000 IU/日

服用方法:1日5000 IUから開始、3週目より2000 IUに減量する。
※5000 IUは125μg、2000 IUは50μgに相当します。

ビタミンDは卵・乳製品・青魚・きのこ類に多く含まれています!

感冒で来院した患者に、ビタミンCと亜鉛を投与したフランスの医療機関の治療を例に挙げて説明しました。同治療の結果としては、ビタミンC・亜鉛投与群では有意な風邪症状の早期改善がみられたことが明らかになっています。

亜鉛を多く含む食品は、海藻類・種実類・肉・魚介類・豆類です!

因みに中国では現在、ビタミンCと亜鉛を含めた食品を新型コロナの患者に与えて臨床試験を行っているそうです

 

―未来の薬とは、理想的な栄養であるー(ライナス・ポーリングの言葉)

といった感じです。
参考にしてみてください