こんばんは!一宮市の絆リラクゼーションスタジオの柳鶴です。よろしくお願いいたします🙇

 

さて、皆様、「自然治癒力」と言う言葉をご存知でしょうか?

文字通り、「自分の体の機能によって外敵から身を守る力」のことです。

例えば、怪我をしたとします。これは時間が経っても治らないでしょうか?

時間が経てば治るのが普通です。これは自然治癒力が働いているからです。

しかし、この働きが悪くなると治るものもなかなか治らない状態になります。

この自然治癒力の働き具合は、血液の流れが良いか悪いかで決まります。

当然、血液の流れが良ければ自然治癒力は働きますし、悪ければその逆です。

ではどうすれば自然治癒力が高まるか?

それはリラックスをすることです。リラックスすることです自律神経が安定し、血流が良好になります。

ただ、血流が良くなってもなかなか自然治癒力が高まらないケースがあります。

それは・・・薬を使用することです。

薬は体にいいんじゃないの?と思われた方はそれは大間違いです。

薬は体の機能を弱めてしまいます。つまり自然治癒力が低下してしまうのです。

服薬のし過ぎには気を付けるようにしてください。自分の体を守るためです!